長野県小川村で、有機JAS認証を取得し、有機農業に取り組んでいます

2015年6月19日金曜日

有機JAS認証取り消しの措置を受けた経過の説明


このたび農林水産省の指示により、当農園の有機JAS認証の取り消しの措置を受けたことについての経過を説明致します。

2015年6月12日に農林水産省より以下の発表がありました。
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/nouan/150612.html

当農園は肥料製造メーカー「ゴールド興産株式会社」が製造・販売する該当肥料の「核アミノ10(商品名・ビッグアミノ10)」を今年から使用していました。

よってこの肥料を使用した畑の農産物について、有機農産物としての出荷ができなくなりました。

なお、農林水産省消費安全技術センターが、立入検査において「核アミノ10」を分析したところ、最も厳しい基準値が定められた汚泥肥料の含有許容量
と比較しても、これを超える有害な重金属は検出されませんでした。このため、この肥料を使用した畑で生産された農産物であっても、その安全性に問題はありません。

有機農産物のJAS規格においては、化学的に合成された尿素、リン酸アンモニウムは使用禁止資材であり、有機農産物としての出荷はできませんが、一般農産物としての
出荷は可能です。

JAS規格においては、化学肥料・化学農薬の使用を止めてから2年間の管理期間を取る必要があるので、来年(2016年)の生産に関しても有機農産物としての出荷ができません。

化学肥料が当農園の畑に混入してしまい、取引先の方や消費者の皆様へは大変ご迷惑をおかけしてしまい、本当に申し訳ありません。

今後は使用肥料の選定や製造元の信頼性の確認などを今以上にしっかりと行っていき、お客様へ安心・安全な農産物をお届けできる体制強化に努めていきます。

今後とも、「麦ダンス農園」を温かく見守っていただければ幸いです。

1 件のコメント :

  1. 丹波村です。肥効期間が長いという謳い文句だったので、ビッグアミノは私も試験的に使っていました。たんば村は有機JAS認定はうけていないので影響はありませんでしたが、麦ダンスさんは大変でしたね。ゴールド興産の営業マンの電話は不通ですが、商品の販売自体はコメリで商品名、社名を変えて再開したようです。なんか、腹立ちます。賠償問題に発展するようでしたら弁護士を紹介します。
    お伺いした際の皆さんの笑顔が励みになっています。是非、丹波にも遊びに来てください。寝るとことメシは提供できますよ。中野武久

    返信削除