長野県小川村で、有機JAS認証を取得し、有機農業に取り組んでいます

2014年5月11日日曜日

庭ですごす、ちいさな喜びの時間。



ストーブをつけるくらい、朝晩はまだ冷えるけれど
日中はあたたかくなった今日この頃。

ずいぶん外ですごす時間が増えました。
おひさまが照ると、家の中にはいてもたっても
いられなくなり、外へ出てしまいます。

とくに我が家には、
午前中におひさまの光がよく届くので
草むしりや薪の整理、ほったらかしておいた野菜や豆の処理など、
庭や畑でできることを娘と遊びながら(最近はお手伝いしてもらっている)
やっています。

農園主もいそがしい合間をぬって、
庭のガラクタを片づけてくれたりして、
最近は庭ですごす、この時間がちいさな喜びです。



自家用の雑穀や豆はこれから種まき。
これは去年収穫したたかきびの穂です。
これをたたいて水にひたし、まきます。


私が寝ている間に、
農園主がたかきびの種をまいてくれました。
とほほ。


家のまわりにころがっていた丸太を集めて
ハーブ花壇をつくりました。
今はラベンダーとパセリとオレガノ。
これから夏野菜にあわせて、
いろいろ育てたいと思います。


もう最後となった野沢菜の新芽(というより今は脇芽)。
つむのを娘が手伝ってくれました。





















季節がすすむにつれて、雑草たちの勢いが出てきて
ちょっとだけびびっております。
去年、我が家の庭はジャングルと化したので
今年はなんとか庭ですごす時間を確保して、
多少は手入れをして、
草むらぐらいにおさめたいと思う次第です。

(嫁記す)


0 件のコメント :

コメントを投稿