長野県小川村で、有機JAS認証を取得し、有機農業に取り組んでいます

2013年9月24日火曜日

稲刈り2013


旧八月廿日

先週の土曜日に無事稲刈りが終了しました。

今年は草取りと追肥をこまめに頑張ったおかげか、去年よりいい出来でした。

無農薬での米作りが4年目になりましたが、1反分の田んぼを無農薬で続けていけるかどうか…?

去年までは野菜畑の面積が大したことなかったのですが、今年は倍の1町分ちょいの野菜畑。
来年はさらに増やす予定です。

野菜の管理をしながら、田んぼの草取りにどこまで時間を割けるか…

理想は無農薬ですが、本業へ影響しても困ってしまいます。

来年は2枚あるうちの1枚は除草剤を使うかもしれません。

管理しきれず草だらけにするよりは、全体的に考えれば除草剤を使うのも必要かもしれないと考えています。

なにを以て持続可能な農業にしていくか?

腰を痛めてから、いろいろとなことが頭を巡ります。

2 件のコメント :

  1. わかるー
    子どもの頃、無農薬野菜の会みたいなのに親が入ってて、
    田んぼの草取りの手伝いによく行ったけど、
    子ども心にも「草取りのひとつもせずに
    カンタンに無農薬がいいとか言うなー」って思ってたもん。
    おとしどころの試行錯誤ですね。くれぐれもお体大切に。

    返信削除
  2. やってみて分かること、たくさんあります。
    自分で納得して1つづつね。

    返信削除