長野県小川村で、有機JAS認証を取得し、有機農業に取り組んでいます

2013年7月14日日曜日

ばあちゃん、逝く

旧六月七日

先日、九十三歳になるばあちゃんが亡くなりました。

今日が誕生日、九十四目前でした。

日帰りで埼玉へ。ばあちゃんとお別れをしてきました。

大変な時代を生き抜いて、たくさん苦労をしてきたせいか
昔から安定志向が強く、「公務員になれ」と。

ついに子や孫たちは誰一人とも公務員にはなりませんでしが。

元気だったころは腹たったときは心の中で10数えろとか、よく説教されました。

母親に聞いて思い出しましたが、最後に会った今年の正月、もうほとんどしゃべらなくなった
ばあちゃんが久しぶりに再会した僕に握手しながら「危ない橋は渡るな」と。

農業は危ない橋かそうでないか…?

公務員のような安定型からすれば危ない橋かもしれませんが、食物を生産するという
見方からすれば、これほど安心な仕事もないと思います。

ばあちゃんはまだまだ安心できないかもしれませんが、危ない橋にならないような農業を目指したいです。

0 件のコメント :

コメントを投稿