長野県小川村で、有機JAS認証を取得し、有機農業に取り組んでいます

2013年6月21日金曜日

収穫本番へ向けて

旧五月十三日 夏至

今年の作付面積は去年よりかなり増えているので
収穫期は確実に手が回らないという予測のもと
(それだけちゃんと栽培できて、販売できるという希望的観測)
今年は2人の方へお手伝いをお願いしました。

一人は去年もインゲンの収穫を手伝ってくれたゆうすけ。
小川ローカル、Uターン。

もう一人は今年からお願いしたみなみちゃん。
東京生まれ、信州大鹿村育ちのIターン。

ちなみにこの二人夫婦ではありません。(たまたま苗字が一緒)

ということでスタッフミーティングしました。


出来る範囲で出来ることをするというのが基本。

そのなかでこちらからやってもらいたいこととのすり合わせ。

ご協力ありがとうございます。

一連の農作業はどれもとても大事。

一つ抜けても成立しなかったりします。

その中でも自分が必ずやらなきゃいけないことと、必ずしも自分でなくてもよいことがあります。

例えば収穫作業。

インゲンは自分でなくてもよいけど、ズッキーニは自分でなきゃダメ。(もしくは自分でやったほうがよい)

ズッキーニは傷つきやすく、結構神経使いシビアな作業だったりとか。

そういうことも頭に入れながら、でも基本は楽しく。

大好きな仲間と一緒にやれることへ感謝です。

0 件のコメント :

コメントを投稿