長野県小川村で、有機JAS認証を取得し、有機農業に取り組んでいます

2010年6月13日日曜日

種蒔く人

<a href="http://hesolife.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2010/06/13/20100612.jpg"><img class="image-full" src="http://hesolife.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2010/06/13/20100612.jpg" alt="種蒔く人" border="0" /></a>
<a href="http://hesolife.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2010/06/13/20100001.jpg"><img class="image-full" src="http://hesolife.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2010/06/13/20100001.jpg" alt="種蒔く人" border="0" /></a>
豆、雑穀の種蒔きが終わった。
今回蒔いた豆は黒豆、青豆、ひたし豆、鞍掛豆、小豆、トラ豆、いんげん豆と雑穀はモチキビ、タカキビ、アマランサス、あとは黒ゴマ、エゴマ。
残すは7月に入ってからの白花豆と赤花豆。
時間があれば余っている畑にひまわりを蒔きたいと思っているが、ちょっと厳しいか‥
まあ、よく蒔いた。ここ数日は、種を蒔く人‥だった。
こんなに蒔いて収穫しきれるのかという不安はあるが、まずはやってみるだわい
��方言も徐々に馴染んでいる)
そして休む間もなく、田畑の草取り、小麦の収穫が待っている。

同じ忙しいでも秋の片付いていく忙しさと、始まっていく忙しさでは全然気持ちが違う。この感じ方の差はおもしろい。

豆蒔きを終えた畑で夕陽に照らされた小麦の穂が美しく輝いていた。

0 件のコメント :

コメントを投稿