長野県小川村で、有機JAS認証を取得し、有機農業に取り組んでいます

2017年5月19日金曜日

苦土石灰2760㎏

新しく借りた畑は必ず土壌診断をして、必要に応じて土壌改良を行っています。

今年は2枚の畑を新規に借りました。

土壌診断結果で必要な資材と投入量は1枚は10aで消石灰280㎏、もう1枚は30aで苦土石灰2760㎏という結果。

280㎏は朝飯前でしたが、(一般的な感覚だとこれでも十分多いですが)2760㎏は骨が折れました。


散布作業は一人だと心も折れそうでしたが、もう一人のスタッフも全身真っ白になって頑張ってくれました!

今年はこの畑には大豆を作付します。
作付前に間に合って良かったです!

0 件のコメント :

コメントを投稿