長野県小川村で、有機JAS認証を取得し、有機農業に取り組んでいます

2014年4月15日火曜日

開墾後~景観もよくなりました。


旧三月十六日 満月

開墾畑がようやく畑らしくなってきました。

十年以上放置された桑の残骸。
ふじづるも絡まり放題で伐っても倒れてこなかったり、根っこがかなり張るので抜根もなかなか手強かったり…


まだ根っこやふじづるは完全に取りきれてませんが、何度かトラクターでうなってこなしていきます。


こちらは盛土されたから一度も耕作していなかった畑。


3回耕運したのち。


やっかいだったのは玉石がごろごろ入っていたこと。
大きいのは両手でやっと抱えられるほどもありました。

今はなき某建設会社の残土処理、地目は畑となっているのにひどいことします。

トラクターの刃やロータリーの軸を痛めてしまうので、浅くかけては石拾いの繰り返し。

今シーズンは緑肥を栽培する予定です。

でもこの2枚を開墾したおかげでだいぶ景観も良くなりました。
近所の人にも喜ばれ、自分のためにやっていることがいつの間にか
地域貢献みたいなことになっていて、なんだかうれしいです。

0 件のコメント :

コメントを投稿