長野県小川村で、有機JAS認証を取得し、有機農業に取り組んでいます

2014年2月16日日曜日

さらに大雪


旧一月十七日

今回の大雪で各地被害が相次いでいます。

県内の農業仲間もパイプハウスが潰れたりと、深刻な状況のようです。

原村で開催予定の長野県有機農業研究会大会も急きょ中止。

ここ小川村でも越して来て以来、こんなに降ったのは初めてです。

パイプハウスはビニールを剥いでいたので、倒壊の心配はありませんでしたが
問題は農機具置き場です。

前回の雪がまだ残っていたので、前日の夕方に一度雪下ろしをし
翌日に朝から行こうと思っていたのですが、村内の除雪が間に合わず
11時頃まで待機。
不安を抱え、小屋を見に行くと無事でした。

垂木が折れ曲がり、トラクターや管理機などの上に屋根材やら雪やらが覆いかぶさっているという
最悪な状況も想像していたのですが、ホッとしました。

家に戻ってからは自宅前の雪かき。

屋根からの雪で車と薪小屋が埋まりました。

母屋北側に今シーズンから設置した雪囲いも高さ180センチあるのですが
雪が乗り越える寸前です。

車はなんとか引っ張り出しましたが、薪小屋までは至らず。

雪の捨て場もないので、軽トラに積んで運び出すしかなさそうです。

0 件のコメント :

コメントを投稿