長野県小川村で、有機JAS認証を取得し、有機農業に取り組んでいます

2013年8月9日金曜日

ようやく麦脱穀

旧七月三日

昨日、ようやく麦の脱穀をしました。

間違いなく、小川村で最も遅い麦の脱穀。

大沢さんとこいつまで干してるんだろう…?と周りの人は気がかりだったでしょうが
当の本人も気がかりでした。

体は一つ、限られた時間の中での作業は優先順位を付けざるおえません。

そんな中で販売作物ではない小麦の存在は、かなり下へランクイン。

もちろん自家製小麦粉は美味しいし、収穫したい!という気持ちはあっても
次から次へと押しよせる夏野菜たちと向き合い、次作への畑の準備や管理作業も重要で…

結果的に刈るのも、脱穀も後手後手…
麦、ごめんよ~

ようやくこれで一安心です。

自家製小麦でお好み焼き、チヂミ、パンケーキ、うどん、おやき(最近あやちゃん腕を上げてます!)…ほんと美味いです。

麦は栽培自体はそんなに難しくないのですが、収穫時期が梅雨時だったり、その後の作業が夏野菜のピーク時だったりと
タイミングがなかなか難しい。

それでも「麦ダンス農園」としてはなんとか作り続けたい作物です。

0 件のコメント :

コメントを投稿