長野県小川村で、有機JAS認証を取得し、有機農業に取り組んでいます

2010年11月17日水曜日

瀬戸川行政懇談会

昨夜は瀬戸川区の行政懇談会が集会所であった。

村長はじめ教育長や建設課の役場職員らが区の住民に村の現状や課題、今後の展望などの説明をしていく。

住民からも村道の整備、鳥獣被害の対応、区の施設の活用方法、婚活の話題まで飛び出し2時間ではとても足りない活発な懇談会となった。

中でも住民の一番の関心事は瀬戸川グランド(小学校跡)の活用の要望だった。
他地区には村の施設があるのに瀬戸川にはない、あれだけの平らな土地を雑草地として荒らしておくのはもったいないという住民の想い。

村長から具体案はなく希望的観測にとどまったことは住民側から不満の声も出た。

ただ個人的には箱モノを行政指導で進めるとまずいい結果にならない。それだけ住民の想いがあるなら住民主導で知恵とやる気を出してそのことに対して行政がバックアップするという方がいいと思う。

村内には立派な公共施設がいくつもあるがどれだけ活用されているかは疑問だ。

「瀬戸川グランド活用委員会」みたいなものを立ち上げ行政任せにせず住民主導の意義ある活用方法を見いだしたいものだ。

個人的には土俵がいいのではないかと思っている。わんぱく相撲大会とか開催したら楽しいと思う。
区長さんとは先日飲んだばかりだし、今度提案してみようかしら。

0 件のコメント :

コメントを投稿