長野県小川村で、有機JAS認証を取得し、有機農業に取り組んでいます

2010年6月23日水曜日

いろいろあって丸一年

<a href="http://hesolife.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2010/06/23/20100619.jpg"><img class="image-full" src="http://hesolife.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2010/06/23/20100619.jpg" alt="いろいろあって丸一年" border="0" /></a>
去年の6月21日小川村に越して来てから丸一年経った。
あっという間の一年、そしてとても濃い一年だった。
次から次へといろいろなことが起こり目の前のことをどんどん片付けていくという感じ。
迷ってる暇なし考えてる暇なしだ。
今だから書くが、そもそも移住を決めたのはあるNPOの後ろ盾があったからだった。生活費の補助を始め、かなり待遇のよい話しで、すっかりウキウキで何も考えずに飛び込んだ。
ところがそのNPOは早々にポシャり一切連絡も取れない状態になってしまった。
しかしこちらが切羽詰まって動き出すと周りも親身になってくれる。捨てる神あれば拾う神ありだ。
今は週二回、中野の有機農家の柴本さんのところで研修兼アルバイト、週三回はおやき村でアルバイト。
朝夕と週末に自分の畑をやるという生活だ。
そのときこそこのやろ〜と思ったが、今になれば移住を決めるきっかけを与えてくれたし、話しのネタとしても悪くない。
皆さん、おいしい話しにはくれぐれもご注意を!

いい仲間と出会いへそロックがスタートした。
地域活動に参加したり消防も始まり、村の生活の様子も分かってきた。
ジャンベのサークルを立ち上げ、そちらも楽しく活動中だ。

全ての四季を経験し畑の具合もなんとなくだがつかめてきている。

地に足つけた百姓スタイル、一歩一歩と前進中である。

写真は先週土曜日、彩ブランドのコンサートでパーカッションの佐藤さんと小川ミュージシャンのセッションの様子。

0 件のコメント :

コメントを投稿