長野県小川村で、有機JAS認証を取得し、有機農業に取り組んでいます

2010年3月8日月曜日

たむたむ小川発表会

<a href="http://hesolife.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2010/03/07/20100307.jpg"><img class="image-full" src="http://hesolife.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2010/03/07/20100307.jpg" alt="たむたむ小川発表会" border="0" /></a>
たむたむ小川といジェンベとアフリカンダンスのサークルをやっていて、今日は公民館での発表会だった。

公民館では朝からいろいろなサークル(舞踊、合唱、和太鼓、ブラスバンドなどなど)の発表を15分刻み(入れ替え時間込み)の怒号のスケジュールでやっていて、短くてもいいけど延びちゃ駄目!というお達し付。

そもそもことの始まりは、個人的に太鼓を練習する場所が欲しくて公民館に聞きに行ったのが、去年の8月頃。
数回使ううちにやはり個人には貸せないので、サークルを作ってくれないかと。
しかもジェンベやってる人3人知ってるので、その人達と一緒になんとかサークル活動にしてほしいということになった。

個人には無理と初めから言わないところとか面白いのだが、ジェンベを叩く人が3人もいたことに驚いた。
「はい、分かりました。」と軽く始めたものの、気付けば僕が先生状態に。
みんな初心者だからしょうがないのだが、別に先生したい訳ではなく、う〜ん、と思っていたら、3月の発表会に是非出てほしいとの依頼があり、これも「はい、分かりました。」って具合で流れ流されどこへ行く?別にどこでもいいか、意外と面白いことになるのでは‥?
で、途中から美麻のみじょ、まんちゃん(みじょはアフリカンダンスをしっかり踊る)も加わり、ダンスありで何とか形になりそうな気がしてきた。

で、今日が本番。
たむたむ小川の初舞台。

で、肝心の僕(肝心だよね、リーダーだし、ソロもリードもするし、まとめ役だし!)は3日前から数年振りの高熱と喉の猛烈な痛みに襲われ、布団に潜りヒーヒーな状態だった。

今朝になりようやく熱は少し下がってきたが、喉はまだ痛いし、ろくに食べてなくてふらふらだし、風呂にも入らず体は臭いしで、さんざんな状態で、集合時間の15分前まで行くか止めるか迷っていた。
でもな、これで行かなきゃ一生言われるなと思い、ふらつく体を起こして会場へ向かった。

無事終了。
行って良かった。
やって良かった。
楽しかったしね。

久しぶりに体動かしたらお腹も空いてきて、ようやくお粥が食べられた。

いろんな意味でいい思い出になりそうなたむたむ小川の初ステージだった。

0 件のコメント :

コメントを投稿