長野県小川村で、有機JAS認証を取得し、有機農業に取り組んでいます

2010年3月12日金曜日

味噌仕込み

<a href="http://hesolife.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2010/03/12/20100311.jpg"><img class="image-full" src="http://hesolife.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2010/03/12/20100311.jpg" alt="味噌仕込み" border="0" /></a>
<a href="http://hesolife.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2010/03/12/20100001.jpg"><img class="image-full" src="http://hesolife.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2010/03/12/20100001.jpg" alt="味噌仕込み" border="0" /></a>
麹が出来上がった。

僕は仕込む量が少ないので、加工場ではなく自宅に麹を持ち帰り仕込む。
加工場だと20キロの大豆を煮れるが、今回味噌用に作った大豆は4キロ。
出来上がりの味噌は15キロくらいになる。

薪ストーブの上に寸胴を載せ、豆をぐつぐつ煮る。
柔らかくなったらゆで汁を切り、潰して麹、塩とよく混ぜ、かめにぎっちり詰めれば出来上がり。

あとは菌が仕事をしてくれて、半年後食べられるのを待つだけだ。

いつも思うのだが、醗酵の世界は人間がやれることは大したことはなく、菌が働き易い環境を整えること。あとは美味しくなりますようにって願うことくらいで、主役は何といっても菌。

そのおかげで味噌や醤油や酒や漬け物や‥が出来る。
有り難いこと。

菌はエライ!

0 件のコメント :

コメントを投稿