長野県小川村で、有機JAS認証を取得し、有機農業に取り組んでいます

2009年12月10日木曜日

小川村最後の炭焼職人、最後の炭焼

<img src="http://hesolife.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2009/12/09/20091209.jpg" alt="小川村最後の炭焼職人、最後の炭焼" border="0" />
<a href="http://hesolife.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2009/12/09/20091001.jpg"><img class="image-full" src="http://hesolife.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2009/12/09/20091001.jpg" alt="小川村最後の炭焼職人、最後の炭焼" border="0" /></a>
小川村で炭焼を続け、最後の一人となった峰村泰さん。
体力的なことや窯の老朽化を理由に焼き窯を閉めることになった。

主にコナラを炭材とし白炭を焼いてきた。

昔は手頃なナラがあちこちにあったそうだが、今は山は荒れ、木も大きくなり過ぎ材を集めるのも一苦労だそう。
後継者が見つからず遂に閉めることになった。

また一つ、大切なことがなくなろうとしている。

もう化石燃料から森林資源へシフトしてもいいと思う。みんなが使えばまた炭焼も盛んになり、山も蘇り、二酸化炭素も減るし、いいこと尽くめだよな。

火鉢なら朝まで温かいし、炭は必需品だからいづれ炭焼もやりたいと思っていたが、近くにこんなすごい人がいるとは知らなかった。

今日は火入れで丸3日間焼き、土曜日に炭だしをする。

せめてしっかりと目に焼き付けておきたい。

0 件のコメント :

コメントを投稿