長野県小川村で、有機JAS認証を取得し、有機農業に取り組んでいます

2009年11月23日月曜日

大豆の脱穀

<a href="http://hesolife.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2009/11/22/20091122.jpg"><img class="image-full" src="http://hesolife.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2009/11/22/20091122.jpg" alt="大豆の脱穀" border="0" /></a>
<a href="http://hesolife.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2009/11/22/20091001_2.jpg"><img class="image-full" src="http://hesolife.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2009/11/22/20091001_2.jpg" alt="大豆の脱穀" border="0" /></a>
天気が心配だったが、予報とは変わり雨にはならなかった。

予約していた大豆のスレッシャー(村が10アールあたり2000円で貸し出している)を借り予定通り大豆の脱穀をした。

なかなかパワーのある機械でがしがしと殻を穀いでいく。
1反の豆畑がわずか半日で片付いた。

東村山で豆を作って、全て手作業でやっていた頃が懐かしい。
あれはあれで楽しかっし、ロスも少ないから捨て難いがやはり人手が必要。
大勢でやれれば手作業にこしたことないが、一人で一反部となるとやはり機械に頼らざる負えない。
しかも2000円で貸してくれるなんてなかなかよいね、小川村。

残るは豆の選別。(選別機も村が貸し出している。しかも無料!)

北アルプスは日に日に白さが増し、里に雪が降りるのも、あとわずか。

今年の農作業も終わりが見えてきた。

0 件のコメント :

コメントを投稿